シンガポールはクリーン国家

東南アジアの何処で仕事をしましょうか。やはり、東南アジアで目指すはシンガポールなのではないでしょうか。
シンガポールで求められているものは、業務が円滑に行われる為のコミュニケーション能力であり、語学力です。チームプレイヤーとして仕事をしていかなければならないシーンにも遭遇します。
更に積極的人材、バイタリティー溢れた人材が求められています。シンガポールは実力主義です。男性だろうが女性だろうが、能力があればシンガポールという国で思う存分仕事で出来るはずです。
シンガポールで仕事をしている人たちは、女性の方が男性を上回っているという驚きの事実もあります。
そして、かなり女性が高い地位にまで進出して来ています。シンガポールの女性たちは、仕事と家庭をも、メイドをつけるなどしてしっかり両立させているのも特徴の一つです。能力主義であり、シンガポールには仕事のしやすい環境が整っているとも言うことが出来ます。
シンガポールは中国人、マレーシア人、インド人などと言った人種によって構成されています。日本という新参者が進出して行ったとしてもそれ程違和感を感じさせません。作戦力としてのびのびと仕事が出来るはずです。
外国人が比較的簡単に就労ビザが取りやすい環境も整っています。このゴチャゴチャな人種、宗教、生活のスタイルなどが、いわばシンガポールスタイルと言われるものです。
決まったカテゴリーがある訳でないから、今後も自由に変容出来る国家なのです。一般的には、大学卒業者であり、既に三年程度就労経験があり、関連性の高い仕事の経験が有ればより望ましいです。そして、シンガポールはクリーンな環境で仕事をすることが出来ます。
ただし、ちょっと用心しなければならないことも・・・。ゴミをその辺に放置することに罰金刑が設定されていることです。シンガポールは徹底的にクリーン国家であることを目指しています。

カテゴリー: アセアン, シンガポール パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です