東南アジアで仕事をする

東南アジアで就職をしたい・・・。ならば、私達は、一体どのような方法をとればいいのでしょうか。お好きな国があれば、その国を調査して、目指して行きましょう。ただし、好きな国があなたにあっている国とは限りません。あなたの一番あっている国は、経済の成長している国のはずです。
今、私達の意識がグローバル化して、多くの人たちが日本という狭いカテゴリーに就職の意識を留めている訳ではありません。日本で就職をするのと同程度に海外で就職をするという選択の余地が残されています。
ここで、欧米を意識する人たちもいるかもしれませんが、実際に目標を欧米にもっていくとなかなか厳しい現実もあるようです。
東南アジアに目を向ける人たちもいます。その辺りがグローバルを意識した場合妥当な線です。東南アジアを意識すれば、かなり海外での就職も具体的になって行きます。それは、東南アジアが勢いを持ち、勢いと同時に求人の数を増やしている経緯があるからです。
求人している業種も種類が豊富です。従ってある程度語学能力が備わっていれば、それ程就職に苦労することもありません。海外で就職活動と思い、何年も就職浪人をすることも馬鹿らしい話しであり、東南アジアなら、それほど就職活動に苦しめられることもないでしょう。
しかし、東南アジアというカテゴリーで話しすれば見た目いいイメージも作られるかもしれませんが、ローカル企業も多くあり、現地水準程度の給料しか期待出来ない場合もあります。現地となれば、平均月収が3万~5万円程度の給料も多くあります。日本人を雇用した場合そのレベルではなく、プラスαがありますが、多くても二十万円以上を期待することが出来ないところも多くあります。現地の人たちから比較すればとても羨ましい話しにはなりますが、この程度で許すことが出来るかという問題です。女性の場合、20万円程度の給料で、コールセンターで多くの人たちが仕事をしています。ただし、東南アジアで仕事をする場合、給料以上にメリットが大きいものは物価の安さです。20万円の給料であったとしても実際には、30万円以上給料をもらっているのと現状は変わらないのかもしれないですよ。日本に嫌気がさして、東南アジアで仕事をと思う人たちもいるかもしれません。 東南アジアで仕事の場合も、仕事に就けば安泰と言う訳ではありません。日本ではちょっと想像出来ないことでピンチにたたされることもあるかもしれません。 安定と言う意味ではやはりポイントは日本企業に雇用されて駐在という形で向かうことです。いわばローカル採用とは雲泥の違いがここにあります。ローカル採用と比較して、給料が倍と言うのも決して珍しくはありません。しかし、駐在の求人を探してもなかなか簡単に見付かるものではありません。そして、あなたより優秀な人間が厳選されて行くことでしょうか。

本日の一押し東南アジア求人サイト
インドネシアでの就職・転職ならセルナジャヤ

カテゴリー: アセアン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です