ASEANミャンマーでの仕事

ASEANへの転職。ミャンマーはいかがでしょうか。今、ちょっとしたミャンマーブームなのをご存じでしょうか。 ここ一年特に多くの日系企業がミャンマー進出を果たしています。新しい投資先としてもかなり注目を浴びている国です。
ミャンマーで仕事をしたいと思っている若い人たちも増え続けています。それは、日本での雇用が段々と厳しくなって来ている現状が後押ししていることかもしれません。
しかし、進出するはいいが、多くの企業は、ミャンマーにおいて人材の選別に困難している実体もあるようです。
ミャンマーについてまだまだ判らない、そのような状況でミャンマーで仕事をすることは、とても厳しいことです。それはミャンマーのことをより深く知ることによって解決されて行く問題でもあります。
ミャンマーの悩みと言えば、正確に言えばまだインフラ設備が整っていないという悩みがあります。電力が不足している事実です。停電がそれ程珍しくなく、道路などの整備も決して満足出来るものではありません。
更にヤンゴンあたりでは、需要の増加とともにどんどん家賃の値段も上がってしまっている状況にあります。
高級サービスアパートメントがあり、そこに住む分には問題はありませんが、そうでない場合、水を自己で確保したりする場面に出会うこともあります。家も頻繁にあちこちが壊れ、自分で修繕の対応をします。それ程違和感がないという人たちもいますが、ミャンマーに対してこの視点より捉える必要もあります。
しかし、ミャンマーはここから成長して行くのではないでしょうか。そして、ミャンマーには、その可能性を感じ、その国で仕事をすることは、同時に自分も成長して行くことだと主張する人たちもいます。
ミャンマーで求められているのは、管理能力とコミュニケーションの能力を持っている人材です。いきなり日系企業で仕事するミャンマー人の上に立ち管理しなければならないシーンにも遭遇します。

カテゴリー: アセアン, ミャンマー | コメントする

シンガポールはクリーン国家

東南アジアの何処で仕事をしましょうか。やはり、東南アジアで目指すはシンガポールなのではないでしょうか。
シンガポールで求められているものは、業務が円滑に行われる為のコミュニケーション能力であり、語学力です。チームプレイヤーとして仕事をしていかなければならないシーンにも遭遇します。
更に積極的人材、バイタリティー溢れた人材が求められています。シンガポールは実力主義です。男性だろうが女性だろうが、能力があればシンガポールという国で思う存分仕事で出来るはずです。
シンガポールで仕事をしている人たちは、女性の方が男性を上回っているという驚きの事実もあります。
そして、かなり女性が高い地位にまで進出して来ています。シンガポールの女性たちは、仕事と家庭をも、メイドをつけるなどしてしっかり両立させているのも特徴の一つです。能力主義であり、シンガポールには仕事のしやすい環境が整っているとも言うことが出来ます。
シンガポールは中国人、マレーシア人、インド人などと言った人種によって構成されています。日本という新参者が進出して行ったとしてもそれ程違和感を感じさせません。作戦力としてのびのびと仕事が出来るはずです。
外国人が比較的簡単に就労ビザが取りやすい環境も整っています。このゴチャゴチャな人種、宗教、生活のスタイルなどが、いわばシンガポールスタイルと言われるものです。
決まったカテゴリーがある訳でないから、今後も自由に変容出来る国家なのです。一般的には、大学卒業者であり、既に三年程度就労経験があり、関連性の高い仕事の経験が有ればより望ましいです。そして、シンガポールはクリーンな環境で仕事をすることが出来ます。
ただし、ちょっと用心しなければならないことも・・・。ゴミをその辺に放置することに罰金刑が設定されていることです。シンガポールは徹底的にクリーン国家であることを目指しています。

カテゴリー: アセアン, シンガポール | コメントする

シンガポールでの転職

東南アジア、シンガポールで仕事をしたいと思う人たちが急増しています。今、なぜシンガポールなのでしょうか。今、シンガポールは、アジアの国際ハブ機能を持っている国としてかなり注目を浴びています。つまり、アジアと繋がる為にシンガポールを経由するということです。
誰もが、シンガポールを無視してアジアと関わっていくことが出来ません。多様な文化がシンガポールに集結します。とても意欲的なシンガポールで、キャリアアップが可能です。東南アジアで仕事をすると決めて、どの国か迷うのなら、ここはシンガポールなのではないでしょうか。
外国企業の積極的誘致の背景には、税制上の優遇措置などがあります。海外の企業がビジネスをしやすい環境がここに整っています。技術革新、製品開発企業に対して、免税措置が適用されるなど、シンガポールでは積極的イノベーションが行われています。
アメリカという大国をライバル視出来る程、世界レベルでシンガポールは成長して続けています。
更にシンガポールが今後より成長して行く為に必要なことは優秀な人材を確保することです。人材を重視しないで上辺な形で成長している国もあります。しかし、そのような国は、見かけだけの問題であり、すぐに成長を止めてしまうでしょう。
シンガポールは違うということです。シンガポールは本質的に成長出来る基盤が整っていると言えます。
そして、人材としてあなたが期待されています。是非、一緒にシンガポールで仕事をしようではありませんか。IMD World Competitiveness Yearbook 2010でシンガポールが、最も競争力のある国として評価されています。シンガポールは国際的にかなり評価も高い場所にあります。シンガポールで要求される人材は、語学力を持ち、コミュニケーション能力を持っている人材です。あなたなら、きっとシンガポールでその能力を発揮出来るはずです。未来を開拓しましょう。

カテゴリー: アセアン, シンガポール | コメントする

フィリピンでの仕事

フィリピンで仕事がしたい。フィリピンで求められているものは一体なんなのでしょうか。出来ればフィリピン駐在がいいと言うのなら、あらかじめおさえるポイントをおさえて有利に行動しましょう。
駐在という仕事は多くの人たちが求め、かつ数もあまり多いものではありません。ただし、現在、多くの日本企業がフィリピンに進出したいと考えている為、需要が高くもなっています。
フィリピンでの駐在員として求められている人材はプロフェッショナル能力を持っていれば間違いありません。それぞれの企業が求めているものは、特化したスキルです。そして、語学力もコミュニケーションに支障きたさないものを求めています。
英語が出来、更にフィリピン語(タガロ語)が求められています。国際的センスが既にある人材が求められています。
ただし、駐在員の場合、レベルが高いだけあって通常の中途採用よりも給料は高めです。最低400万円から700万円までの給料を期待することが出来ます。給料は日本基準であり、そして、いろいろフィリピンでの生活をケアする内容も提示されています。
駐在員の場合は、会社の指示に従わなければいけないことにも注意が必要です。あなたがフィリピンがいいと言っても他国の東南アジアでの勤務になってしまう可能性も捨てきれないです。それは会社組織都合なので仕方ないと言えば仕方がありません。
駐在員となればちょっと敷居が高い方法かもしれません。しかし、チャレンジは一度してみてはいかがでしょうか。そして、フィリピンで仕事をすることがあなたにとって間違いなくキャリアアップに繋がるはずです。悩んでいるのなら是非、行動しましょう。

カテゴリー: アセアン, フィリピン | コメントする

東南アジアマレーシアにチャレンジ

マレーシアでの職場では、中華系の人たちが一般的に経理の仕事を任されているという流れがあるようです。
中華系の人たちは数字に強い人たちとして評価をされています。一方でマレー系は穏やかな性格をしているとも言われています。そして、忍耐力があり、エンジニア系の仕事につくケースが多いとも言われています。医師にはインド系が多いとも言われています。
例外もあるでしょうが、こんな感じでマレーシアではそれぞれ人種の個性を生かした分野での仕事を行っています。
マレーシアには、多くの人種も混在して、日本人のみなさんが、マレーシアに進出しても違和感などなく、すぐにマレーシアという国に浸透出来るはずです。
マレーシアという場所で、敢えて私は外国人だという意識などする必要もないのではないでしょうか。だから、マレーシアという国は仕事をしやすい場所なのです。マレーシアという国は、アジアの太平洋地域においても、真ん中あたりに位置して、マレーシアの場所から更にいろいろな場所へとアクセスするのにも便利です。
シンガポールも魅力的なのかもしれませんが、シンガポールは人気が高すぎてコスト高で段々と融通の効かない国になって来たとも言われています。
人気が高いから住みやすい場所と言うことにはならないようです。今、マレーシアで伸びて来ている分野は小売り関係です。小売り、流通に対して、100%外資が進出出来る環境が整っていて、多くの日本の飲食チェーンなどが進出を果たしています。
マレーシアはそれ程人口の多い国ではありません。しかし、中華系を中心としてかなり購買力を持っている国とも言えます。アジアの中でGDP が2番目に位置している点にも注目してください。
子供さんを国際色豊かに育てる為には、やはり日本の殻をうち破ることなのではないでしょうか。それは、東南アジアへ飛び立つことです。それが積極的チャレンジ精神です。

カテゴリー: アセアン, マレーシア | コメントする

マレーシアは住みやすい国?

東南アジア・マレーシアで仕事をする為に何を注意しなければならないか、ここでちょっとみなさんにアドバイスをしたいと思います。
今、若い人たちにも海外で仕事という思いを持っている人たちが多くいます。それは、やはり日本での就職難が火付けになっているのかもしれません。
少なくとも、現在の日本よりはマレーシアの方が全然魅力的に映るかもしれないですよね。
マレーシアは、仕事と環境のバランスがいい国と言われています。仕事と環境への思いは一致しなければならない問題です。環境がいいから意欲的に仕事を私達はして行くことが出来ます。環境が良くなければどんなに仕事のモチベーションが高くても萎えてしまうことでしょう。
決して最高レベルの環境が整っているという訳ではありません。ゴミがそこら辺に放置されていたり、電車は時刻を守ってくれないなど、言えば不満はあります。
マレーシアにはまだまだ成熟出来ていない部分もあります。しかし、外国とは所詮そのようなものではないでしょうか。暮らす上での障害ではありません。
マレーシアのその未成熟さが、私達のやりがいにも繋がることでもあります。その不満こそ私達のやりがいをも感じさせる心地よい不満なのです。
マレーシアのまだまだ成長出来るノリシロ部分になります。インフラと、インターネット環境がしっかり整っていれば生活には一切支障きたすことはありません。
東南アジアの中には頻繁に停電が起こる国もあります。マレーシアはそのようなことは少ないです。そして、英語で生活をスムーズに送ることも出来ます。それ程、レベルの高い語学力が要求される訳でもありません。
ただし、全然出来ないと言うのでは、やはり東南アジアで転職というのはかなり厳しいのではないでしょうか。まず、英語能力をスキマ時間を使って鍛えようではありませんか。

カテゴリー: アセアン, マレーシア | コメントする

マレーシアへ転職

マレーシアは住宅費、生活費を安く抑えることが出来るからとても住みやすい街とも評価出来ます。物価の問題を言えば東南アジアの他国も物価の安い場所はあります。しかし、最近では特に住居の家賃が上昇している点が悩みなのです。
マレーシアは他国と比較しても、住居の値上がりが鈍いとも言われています。住居の面一つ取ってもマレーシア優位で、ここがとても大きな問題なのです。シンガポールもかなり注目を浴びているようですが、シンガポールでの仕事は、あまりにも注目を浴びてしまっている為に、住宅費が高騰して、とても住みやすいとは言えない国になりつつあります。たかが家賃ではありません。私達の給料の何割を家賃が占めてしまうのでしょうか。家賃が一番大きな問題です。
シンガポールで仕事をする為に、家族一緒というのはなかなか辛い状況です。しかし、マレーシアなら、家族でも楽々生活することが出来ます。約45000円?80000円程度で家族がプールつきのコンドミニアムにも住めてしまうのです。
他国の場合、運転手つきの車が支給される場合もあるかもしれません。その場合、自分で運転をさせてくれません。運転手つきの車なんてとてもリッチに感じるのかもしれませんが、裏を返せば、治安が悪いから自由が規制されてしまっているのかもしれません。
マレーシアの場合、車は支給あり、だけど自分で運転をしなさいというスタイルは、いわば、治安の面が優れているという評価をすることも出来ます。外国人だって、マレーシアではのびのびと生活をすることが出来ます。

本日の一押し東南アジア求人サイト
桜リクルート社マレーシア Home: 求人・転職 / 法人設立・起業 / 留学・研修旅行

カテゴリー: アセアン, マレーシア | コメントする

東南アジアで自己を磨く

海外で仕事をする上で日本の企業と繋がりを持ち、海外で仕事を終了させた後、日本のその企業で仕事をと思っている人たちもいるかもしれませんが、なかなか私達が思っている以上、日本の企業との繋がりは希薄で、帰国しても関係が途切れてしまうケースも多いと言われています。
しかし、海外で仕事をして来たことは、日本に戻り、日本の企業で新たに面接を受けた場合でも、キャリアとして評価を受けます。
日本の企業も、そのようなアクティブな人材を求めています。決して海外に対しての挑戦は無駄なことではありません。
そして、東南アジアへの挑戦は、あなた自身の経験としてプラスに働くことは間違いありません。東南アジアで仕事をする為に、片道切符で向かうということは大事なことかもしれないです。日本に戻った時の繋がりなど期待せずに、後悔しないよう精一杯仕事に専念していただきたいと思います。
東南アジアで仕事をしたいと言う人たちが増え続けています。東南アジアに対して、一体何を期待しているのでしょうか。東南アジアで仕事を求めている人たちに聞けば、日本で仕事が見付からないから東南アジアで仕事をするという形ではないようなのです。多くのみなさんが自己の成長を期待して東南アジアへと船出をして行きます。
東南アジアが好きと言う人たちもいます。いずれにしても、どれも消極的、否定的回答ではありません。ここが、大事なポイントです。そのような肯定的意思を持つ人たちが多くの企業で評価をされる人たちです。若いなら一度二度失敗してもいいではありませんか。それもあなたのキャリアとしっかり企業は評価をしてくれるはずです。若いなら一度海外に出で立ち自分を磨いてみようではありませんか。

本日の一押し東南アジア求人サイト
ベトナムの就職・転職・求人情報サイト|キャリアリンクアジア

カテゴリー: アセアン | コメントする

東南アジアで仕事をする

東南アジアで就職をしたい・・・。ならば、私達は、一体どのような方法をとればいいのでしょうか。お好きな国があれば、その国を調査して、目指して行きましょう。ただし、好きな国があなたにあっている国とは限りません。あなたの一番あっている国は、経済の成長している国のはずです。
今、私達の意識がグローバル化して、多くの人たちが日本という狭いカテゴリーに就職の意識を留めている訳ではありません。日本で就職をするのと同程度に海外で就職をするという選択の余地が残されています。
ここで、欧米を意識する人たちもいるかもしれませんが、実際に目標を欧米にもっていくとなかなか厳しい現実もあるようです。
東南アジアに目を向ける人たちもいます。その辺りがグローバルを意識した場合妥当な線です。東南アジアを意識すれば、かなり海外での就職も具体的になって行きます。それは、東南アジアが勢いを持ち、勢いと同時に求人の数を増やしている経緯があるからです。
求人している業種も種類が豊富です。従ってある程度語学能力が備わっていれば、それ程就職に苦労することもありません。海外で就職活動と思い、何年も就職浪人をすることも馬鹿らしい話しであり、東南アジアなら、それほど就職活動に苦しめられることもないでしょう。
しかし、東南アジアというカテゴリーで話しすれば見た目いいイメージも作られるかもしれませんが、ローカル企業も多くあり、現地水準程度の給料しか期待出来ない場合もあります。現地となれば、平均月収が3万~5万円程度の給料も多くあります。日本人を雇用した場合そのレベルではなく、プラスαがありますが、多くても二十万円以上を期待することが出来ないところも多くあります。現地の人たちから比較すればとても羨ましい話しにはなりますが、この程度で許すことが出来るかという問題です。女性の場合、20万円程度の給料で、コールセンターで多くの人たちが仕事をしています。ただし、東南アジアで仕事をする場合、給料以上にメリットが大きいものは物価の安さです。20万円の給料であったとしても実際には、30万円以上給料をもらっているのと現状は変わらないのかもしれないですよ。日本に嫌気がさして、東南アジアで仕事をと思う人たちもいるかもしれません。 東南アジアで仕事の場合も、仕事に就けば安泰と言う訳ではありません。日本ではちょっと想像出来ないことでピンチにたたされることもあるかもしれません。 安定と言う意味ではやはりポイントは日本企業に雇用されて駐在という形で向かうことです。いわばローカル採用とは雲泥の違いがここにあります。ローカル採用と比較して、給料が倍と言うのも決して珍しくはありません。しかし、駐在の求人を探してもなかなか簡単に見付かるものではありません。そして、あなたより優秀な人間が厳選されて行くことでしょうか。

本日の一押し東南アジア求人サイト
インドネシアでの就職・転職ならセルナジャヤ

カテゴリー: アセアン | コメントする

ASEANで受ける刺激

海外で就職活動をする場合ASEANに注目しましょう。ASEANとは 東南アジアの国々が協力しあい、地域の平和と安定を守るために設立された共同体のことです。ASEANは、当初5カ国でスタートしました。現在はASEAN10です。インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、更にブルネイ、ベトナム、ラオスとミャンマー、カンボジアです。
一個体の国では無力だから、共同で問題を解決して行くと言うことです。そして、お互いが刺激をしあって良きライバルになることも出来ます。日本の場合でも、タイ、インドと貿易をしているという感じではなくて、総括すればASEANとの貿易なのです。
現在、日本が一番貿易で関わっている国は中国であり、アメリカを抜いて二位にASEANが位置しています。東南アジアで就職活動を意識するならやはりASEAN諸国ということになるのではないでしょうか。
ASEANのメリットはなんなのでしょうか。ASEANという集中して場所で一つのに市場が構築することによって、他国とビジネスをしやすい環境を構築することが出来るようになりました。ASEANを構成しているのは、六億近い人口と言うことになります。
ASEANはマジョリティーの勝利の方程式かもしれません。最終的には数の単純勝利です。
しかし、ASEANとして結束したことによって、真っ向アメリカと対決していかなければならない状況に晒されるシーンもあります。即興の共同体に果たしてアメリカに競り勝つことは出来るのでしょうか。アメリカだけではありません。中国もしっかりASEANを意識する立場にあります。ASEANとなり東南アジアの数々の国々は少なくとも今まで以上活性化し、刺激を受け、動的な国へと成長したのです。そして、その中で仕事をすれば、自ずとあなた自身も刺激を受けるはずです。

本日の一押し東南アジア求人サイト
ベトナム人材紹介会社 求人仕事情報

カテゴリー: アセアン | コメントする