シンガポールでの転職

東南アジア、シンガポールで仕事をしたいと思う人たちが急増しています。今、なぜシンガポールなのでしょうか。今、シンガポールは、アジアの国際ハブ機能を持っている国としてかなり注目を浴びています。つまり、アジアと繋がる為にシンガポールを経由するということです。
誰もが、シンガポールを無視してアジアと関わっていくことが出来ません。多様な文化がシンガポールに集結します。とても意欲的なシンガポールで、キャリアアップが可能です。東南アジアで仕事をすると決めて、どの国か迷うのなら、ここはシンガポールなのではないでしょうか。
外国企業の積極的誘致の背景には、税制上の優遇措置などがあります。海外の企業がビジネスをしやすい環境がここに整っています。技術革新、製品開発企業に対して、免税措置が適用されるなど、シンガポールでは積極的イノベーションが行われています。
アメリカという大国をライバル視出来る程、世界レベルでシンガポールは成長して続けています。
更にシンガポールが今後より成長して行く為に必要なことは優秀な人材を確保することです。人材を重視しないで上辺な形で成長している国もあります。しかし、そのような国は、見かけだけの問題であり、すぐに成長を止めてしまうでしょう。
シンガポールは違うということです。シンガポールは本質的に成長出来る基盤が整っていると言えます。
そして、人材としてあなたが期待されています。是非、一緒にシンガポールで仕事をしようではありませんか。IMD World Competitiveness Yearbook 2010でシンガポールが、最も競争力のある国として評価されています。シンガポールは国際的にかなり評価も高い場所にあります。シンガポールで要求される人材は、語学力を持ち、コミュニケーション能力を持っている人材です。あなたなら、きっとシンガポールでその能力を発揮出来るはずです。未来を開拓しましょう。

カテゴリー: アセアン, シンガポール パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です